性器ヘルペスの薬と妊娠

更新日:


私はお医者さんの言うことを半分信じていないので、妊活前に薬を飲まなくて済むよう体質改善をしました。

一般的には病院の婦人科、産婦人科の先生にも「塗り薬はOK、妊娠中期以降なら内服薬も深刻なリスクはない」と言われますが、果たして本当でしょうか。

病院の受付

ただでさえ妊娠中は抵抗力がダウンします。そこに薬を使ったら免疫力がボロボロになってしまうことは明白です。赤ちゃんがお腹にいる時は、カンジダ膣炎、クラミジアなどの性感染症にもかかりやすくなります。薬のせいで膣の自浄作用が弱くなり、新たなトラブルを招く原因になりかねません。

妊娠中性病に初感染すると、ハードな症状がでる可能性が強くてとても危険です。子宮が炎症を起こせば早産や流産のリスクもでてきます。

胎児の発育が遅れる確率も高いので、性病への対策も欠かせません。ヘルペスの症状を沈静化するために薬を使用するのはベストな解決方法ではないと思います。

不妊治療中のヘルペスにも警戒

子宮筋腫があったせいか、私も二人目不妊に悩まされましたが、不妊治療中もヘルペスの発症に警戒する必要があります。

不妊治療と排卵検査薬

検査攻めに遭う不妊治療中は心身にストレスがかかります。ジネコの不妊広場に投稿されたコメントにも、「疲れた」なんて体験談が目立ちますよね。疲れると免疫力が下がり、ウィルスが元気になりやすくなります。

排卵検査薬でこまめに調べるのもうんざりしますし、タイミング法も実際には計画通り実行できないことが多くて焦らされます。不妊クリニックで顕微授精を予定している方も、いざと言う時ヘルペスが暴れだしたら大変なのでリジンサプリで備えておくことをおすすめします。

性行為以外で感染する可能性はある?

妊娠中はもちろんのこと妊活中から夫婦でリジンサプリを飲んで備えるのが一番理想的です。自分は気をつけていてもパートナーが感染してしまい、うつされてしまう恐れもあります。

出産後、お風呂などで子供や家族にうつしてしまうのも心配です。男性も女性も、大多数はセックスで感染しますが、口唇ヘルペスを発症している相手とのオーラルセックスも感染経路になります。

皮膚が健康な状態ではなく、病気に対する抵抗力が低下している時も要注意です。湿疹やアトピー性皮膚炎、皮膚アレルギーも感染しやすくなる条件です。

性器ヘルペスが何度も再発すると皮膚のバリア機能が脆くなり、梅毒やクラミジア、HIVなど他の性病、性感染症の病原体に狙われやすくなります。男性不妊の原因になる病気も多いので軽視は禁物です。

妊娠中のヘルペス対策はどうする

性器ヘルペスの治療に使う内服薬も、中期以降なら赤ちゃんの発育にそこまで悪い影響は与えないと言われています。

お腹を撫でる妊婦さん

妊娠中にヘルペスに初感染、初発症すると重い症状がでる危険性があるため、バルトレックス錠を処方されることもあります。症状がでたまま分娩を行うのが一番怖いので、確かに状況によっては内服薬を飲まざるを得ないかも知れません。

けれど抗ヘルペスウィルス薬は、腎臓と肝臓に強い負担をかけます。妊娠初期から肝臓が弱くなります。赤ちゃんの分まで体内の汚れを解毒しなくてはいけないので、肝臓がフル稼働するからです。

肝機能が衰えると疲れやすくなります。それに血液が汚れやすくなるので病気にもかかりやすくなります。肝心な分娩の日までにクタクタになってしまうと、疲労困憊状態で産後を迎えることになります。

身体の疲れはメンタル面にも影響します。肝臓をいたわるためにも「内服薬を飲まずに済むにはどうすれば良いの?」と真剣に考えました。羊水はお母さんの血液でできています。肝機能がきちんと働いていないと、血液の質も下がります。きれいな血液で羊水をつくるためにも、薬はできるだけ口にしたくありません。

漢方薬は値段がネック

万が一妊娠後期に発症した時は内服薬も検討しなければなりませんが、その時は内臓ダメージが少ない漢方薬も選択肢に入れて下さい。漢方の治療法でも、身体の免疫力を上げ発症、再発自体を阻止するアプローチを行います。

ただ、漢方薬は結構高くつくのがネックです。鍼灸も安くありません。リシン+プラスは1ヶ月分で二千円もかからないので、仕事を休んでいた妊娠中でも、お財布に負担なく続けられました。

産後もしばらく新生児の子育てのために専業主婦だったので、金銭的な面も大事なポイントです。普通は海外発送の場合、ドクターズチョイスは1万円以上買わないと送料がかかります。私は定期購入しているので、定価より安くなり送料もかかりません。購入するなら定期購入がおすすめです。

リジンでヘルペスを撃退できる

薬を使わずに妊娠中の約10ヶ月を乗り切るならリジンを頼るしかありません。体内のリジンアルギニンバランスをサプリで調整することで、ウィルスをコントロールできます。

リジンは必須アミノ酸なので妊娠中も授乳中も心配なく飲めます。むしろ葉酸と同じぐらい積極的に摂取したい栄養です。長年口唇ヘルペスの再発に泣かされた私も、ヘルペス専用サプリメントのリシン+プラスで無事に出産できました。

分娩時はもちろん、妊娠中「大丈夫かな?」と心配する要素が1つ減ったので、落ち着いて予定日を迎えることができました。産後皮膚の肌荒れもなく、無事にママデビューしました。

もちろん、妊娠中初めて感染してしまうと右も左も分からない状態で、リジンが再発撃退に効くこともご存知ないはずです。私自身、何年間も薬の副作用や値段の高さに苦しみ、薬を使わない解決法を探してようやくドクターズチョイスにたどり着きました。

人見知りの性格ではありませんが、デリケートな問題だけにヘルペスのことは友達にも相談できません。再発防止に役立ちそうなインターネット上のコラムや雑誌や書籍も読みあさりました。赤ちゃんへの影響が本当に怖い、と心の底から思います。一人でも多くの女性に、リジンが効くことを知って欲しいと思います。

-性器ヘルペス

Copyright© ヘルペスを薬で治してはいけない理由を知りたくありませんか , 2018 AllRights Reserved.