ヘルペスの薬はドラッグストアで買わない方が良い

更新日:


ヘルペスの薬はドラッグストアでも買うことができますが、結論から先に申し上げますと買わない方が良いでしょう。ドラッグストアや薬局で入手できるヘルペスの薬すべてが塗り薬です。

身近にあるドラッグストア

「市販されているヘルペスの塗り薬は使うべきではない」と言われています。これって誰が言っていると思いますか? ヘルペスの市販薬にNOを突きつけているのはFDAです。FDAと言えば、医薬品などの安全性を厳しく追及するアメリカの政府機関である食品医薬品局のことです。

FDAはこれまで数々の医薬品から発がん性や催奇形性を発見し、使用を禁じてきました。ヘルペスの市販薬に対して注意喚起を促している理由は、「効かない上に耐性ができやすくなるから」とコメントしています。

現在FDAが承認している塗るタイプの市販薬はアブレバだけです。どうしても塗り薬で治したい時はアブレバを使いましょう。日本のドラッグストアでは販売されていないので、個人輸入サイトで注文して下さい。

日本ではこのニュースがあまり広まっていませんが、アブレバ以外の市販薬はFDAから承認されていません。口唇ヘルペスの再発治療薬として有名なアラセナクリームやアラセナ軟膏、アクチビア軟膏も実はFDAには認められていません。

病院の治療でも使われる成分、アシクロビル配合のヘルペシアクリームも、実は承認を受けていない危険信号がピカピカした市販薬です。

誰でもドラッグストアで買えるわけではない

ヘルペスの市販薬は、第一類医薬品の外用薬ばかりなので薬剤師さんがいなければ買えず、実際にドラッグストアで買うのは少し面倒です。

ヘルペスに限らず、花粉症の薬でも何でも第一類医薬品に分類される薬は、気軽に購入はできません。先日テレビで見た番組では、タイは処方箋がなくても医薬品をドラッグストアで買えると紹介していました。

日本では2006年から薬事法が改正され、今のルールが決まりました。ヘルペスの市販薬はある条件をクリアしていないと買うことができません。

それは医療機関でヘルペスだと診断された経験があること。あくまでも再発した時のために開発された薬なので、単純ヘルペスを発症したのが初めてだと「病院に行って下さい」と言われてしまいます。

例えばヘルペスと症状が似ている口角炎と迷っている時、薬剤師さんなら見分けることができます。けれど初めてヘルペスの症状が出たことが分かると薬を売ってもらえませんから、二度手間です。

薬が買えるドラッグストアは少ない

塗り薬を使っていた頃に近所のマップを確認しましたが、第一類医薬品を売っているドラッグストアは案外多くありませんでした。

ドラッグストアの薬剤師さん

「絶対あるはず」と確信していた大手ドラッグストアに行った時も、薬剤師さんを雇う人件費を削減のためかどうか不明ですが「第一類医薬品は扱っていません」と言われ購入できませんでした。

急いでいる時は1件1件探すのが大変です。そういう意味でも、ヘルペスの薬をドラッグストアで買うのは微妙かなと思います。たとえ薬剤師さんが在籍していても、買いに行った時お店にいないと買うことはできません。

薬剤師さんが昼休みで、1時間後にしか戻らないなんてパターンも珍しくありません。土日なら丸々休みなんてパターンもよくあります。薬剤師さんを雇うのはお金がかかります。最近は人件費の問題から「平日の午前中だけ」など時間と曜日限定で雇っているケースも目立ちます。欲しい時に買えるとは限らないドラッグストアの第一類医薬品は少し不便です。

ヘルペスの薬はドラッグストアだと価格が安い?

ヘルペスの薬はドラッグストアだから価格が安くなるわけではありません。薬局でもドラッグストアでも、第一類医薬品の薬はセールなどでも基本的に値段が下がりません。

診察料は必要ありません。しかし、保険は効きません。しかもヘルペスの塗り薬は、たった2gでも1,000円以上する薬ばかりです。効くならともかく、水疱ができる前のごく初期に塗ってもヘルペスウイルスの増殖を抑えることしかできないのも不満です。

患部を悪化させないよう働きかけるだけで、塗って発症を予防するほどの力はありません。病気の原因ウィルスを死滅させられる治療薬は、まだ開発されていません。

また、ドラッグストアで売っているヘルペスの市販薬は、全部口唇ヘルペス用の塗り薬です。性器ヘルペスに市販の塗り薬は使えませんが、リシンのサプリ、私が使っているリシン+プラスなら飲むタイプなので性器ヘルペスにも効果的です。

ヘルペスの薬を買うのが恥ずかしい

ヘルペスの薬をドラッグストアに買いに行くのは結構恥ずかしいものです。私もドラッグストアでヘルペスの薬を購入して不快な思いをしてから、ずっと通販にお世話になっていました。

薬局の外観

確かに自宅まで発送してくれる通販は便利ですよね。クレジットカードを使えるので決済も簡単です。楽天で買った時はポイントがつくサービスも魅力でした。

ヘルペスは感染症です。感染症の薬を薬剤師さんから買うのって結構嫌なものです。個室で説明を受けるならともかく、大型店だと薬剤師さんのコーナーに人が並んでいたりします。話を聞いている最中、順番を待てないおばちゃんが真横に立って説明が終わるのを待っていたりします。

「感染」なんて言葉に反応し、唇にできた水疱をじろじろ見られたのも嫌な思い出です。「せめて仕切りが欲しい」と切実に思いました。「感染=性病、性感染症」のイメージがあるのも無理はありませんが・・・。

狭い町に住んでいると、知り合いがパートで働いていて情報が筒抜け、なんてこともあるでしょう。総合的に考えるとヘルペスの薬をドラッグストアで買うメリットは見つかりませんでした。

-ヘルペスの薬

Copyright© ヘルペスを薬で治してはいけない理由を知りたくありませんか , 2018 AllRights Reserved.