ヘルペスの薬は通販で買えるの?

更新日:


ヘルペスの薬は通販で購入可能です。ヘルペスは抗生物質だけで撃退することはできませんから、薬で症状を沈静化するしかありません。

通販サイトを利用する女性

口唇ヘルペスの市販薬は楽天やアマゾンなどのネットショップで購入できますし、個人輸入ルートを使えば性器ヘルペスの処方薬やジェネリックも手に入れることができます。

ジェネリックの筆頭格メーカー、シプラの錠剤も通販で購入できます。新しい税制、セルフメディケーションが導入されたことも影響して益々通販の薬は利用しやすくなっていますよね。

現在市販されているのは、グラクソ・スミスクラインのアクチビア軟膏、大正製薬のヘルペシアクリーム、佐藤製薬のアラセナSなど、全部塗り薬です。

経口服用する薬を通販で買うには、個人輸入ルートを利用するしかありません。口中薬のアクチビア軟膏とヘルペシアクリームの主成分は、抗ウィルス作用を発揮する成分のアシクロビル、アラセナSはビタラビンです。

どちらも第1類医薬品指定されていますが、プルダウンを選ぶだけで簡単に購入できます。完治させるための薬ではなく、あくまでもウイルスの増殖を抑えるために開発された薬です。再発してすぐ塗らないとあまり意味がありません。

ヘルペスの薬を通販で買うデメリット

ヘルペスの薬は通販で買わない方が良いです。ネットで買うのが違法とかそういう問題ではありません。薬局やドラッグストアに売っているものも含め、ヘルペスの塗り薬が抱える危険性はご存知でしょうか。

アメリカのFDAも2006年にヘルペスの外用薬は使用しないよう警告を発しています。使ってはいけないとFDAが忠告する理由は、市販用に開発された抗ウイルス外用薬を使うと耐性ウイルスが増殖しやすくなることが判明したからです。

もし薬でヘルペスを治す時は市販の軟膏、クリームではなくアシクロビルやバラシクロビルの内服剤、点滴静注で治療するのが”正解”です。市販のクリームは私も一通り試しましたが、正直たいして効きません。

塗り薬は塗れば塗るほど効かなくなる

しょっちゅう塗らなければならないのに、再発直前と直後のタイミングを逃すとほとんど効果がありません。耐性がつきやすくなるなら塗らない方がマシですよね。

効かなくも気休めに塗っている方も多いはずですが、耐性が加速的につくのでご注意下さい。市販の再発治療薬の有効成分、アシクロビルもビタラビンも耐性が問題になっています。

自宅まで発送してくれる通販で気軽に買えるようになっているため、病院より通販を選ぶ方が増え(かつての私です)、日本国内ではFDAの警告が届きにくくなっているようです。

ポイントがつくなどサービスも充実していますし、クレジットカード決済ができるのも便利です。アシクロビルもビダラビンも効かなくなると、単純ヘルペスと同じヘルペスウイルスが原因の帯状疱疹、水痘様発疹になった時困ることになります。

ヘルペスの薬を病院で処方してもらうのは面倒

ヘルペスの市販薬を使わずに治す場合、やはり病院で薬を処方してもらうことになります。

問診する看護師さん

実際症状がちょっと重い場合、早く治すために注射を打ってもらえるので、病院に行った方が手っ取り早く治せます。

ただ、ヘルペスの薬を病院で手に入れる場合、医師が多めにだしてくれるのは最初だけで、2回目以降の再発時には1回の受診で5日分しか処方箋を書いてもらえません。

病院は予約を入れても待ち時間が長いので、健康な時でも疲れます。そもそも疲れて体重も落ちている時にヘルペスがでやすいので、「病院に行くのが面倒だから市販薬で済ますか」なんて結論になるわけです。

個人輸入で購入するのはおすすめしません

「ヘルペス 薬 通販」でキーワード検索すれば、クスリクルやディップ、ちょび髭薬局など高評価されている個人輸入代行サイトがヒットします。

インドなど海外の性病治療薬や水疱蒼、水虫用の抗真菌薬、ニキビなど皮膚の病気の薬を安く買うことができます。私も利用したことがありますが、確かにヘルペスの処方錠剤、バルトレックスやゾビラックスなど薬価が高い薬が比較的安い値段で買えるのは魅力です。

口コミ評価も良いサイトだったので、満足度が高い対応でした。けれど薬は耐性の問題もありますし、タイミング良く違う薬に切り替えるためにもお医者さんから処方してもらった方が安全かつ効率的です。

副作用がでた時も対応に困ります。個人輸入だと服用したことがある薬をずっと買い続けるのが一般的です。まとめ買いだとお得になることも影響して、同じ薬を大量に注文してストックするケースも目立ちます。

でも、一度慣れた薬は効きが悪くなります。効かない薬を飲んでも治るのに時間がかかります。もちろん身体にも良くありません。

特に初めて水疱ができた時は、本当にヘルペスかどうか診断してもらうためにも病院で受診して下さい。性器に症状がでた場合、ヘルペスではなく淋病やカンジダ、クラミジアなど他の性病、性感染症の恐れもあります。

私も最初はちゃんと病院を受診してから治療薬や市販薬、個人輸入の薬を色々模索し、ヘルペスに特化した唯一の再発抑制サプリ、リシン+プラスにたどり着いた経緯があります。

定期購入しているので、年末年始など混み合う時期もサプリが切れて慌てることはありません。発送予定も分かっているので安心です。

-ヘルペスの薬

Copyright© ヘルペスを薬で治してはいけない理由を知りたくありませんか , 2018 AllRights Reserved.