妊娠中は口唇ヘルペスになりやすい

更新日:


口唇ヘルペスは妊娠中に起きやすい病気のひとつです。妊娠中はつわりの影響で思うように食事が摂れないことも多く栄養バランスが崩れがちです。体型が激しく変化するために夜寝つけず、睡眠不足に陥る妊婦さんも少なくありません。

公園を散歩する妊婦さん

出産やこれからの子育てのことで心配になり、メンタルが不安定になってストレスがかかりやすい時期でもあります。元々妊娠中は免疫システムが胎児を異物として認識しないよう、自然に免疫力が低下する仕組みになっています。

病気の抵抗力も落ちるので風邪などの病気を発症しやすくなり、口唇ヘルペスを起こす単純ヘルペスウイルスがいつ暴れてもおかしくない環境が揃っています。妊娠中何度も再発するパターンも多いので妊娠中は特に免疫対策が欠かせません。

妊娠中に口唇ヘルペスができたら

妊娠中に口唇ヘルペスができたら、すぐに病院を受診して下さい。通常は皮膚科のお世話になりますが、妊婦さんの場合は婦人科か産婦人科に行くのがベストです。

出産方法も相談しなければならないので、普段通っている産婦人科に予約を入れましょう。特に初感染だと症状が重くなりやすいので、用心しなければなりません。

市販薬は比較的安全と言われていますが、担当医に確認してから使用した方が安心です。そもそも口唇ヘルペスではなく他の皮膚の病気の恐れもあるので、決めつけずに医師に診てもらいましょう。

知恵袋でもよく「妊娠中に薬を使っても大丈夫?」なんて相談に「問題ありません」なんて無責任な回答をよく見かけますが、少し調べれば口唇ヘルペスの市販薬がFDAから否定コメントをだされていることが分かるはずです。

普段から喜んで使いたい薬ではないので、妊娠中も手をださない方が無難です。

口唇ヘルペスは赤ちゃんにうつる

サイトメガロウイルスなどプレママさんが警戒しなければならないウイルスはたくさんありますが、ヘルペスウイルスも油断大敵です。

妊婦さんの安産祈願

ヘルペスウイルスは1型と2型があります。1型は主に唇や口内に炎症を起こします。2型は性器が患部になります。たまに2型ウイルスが口唇ヘルペスを起こすこともあるので検査して確かめなくてはなりません。

2型ウイルスが原因の口唇ヘルペスは、いつ性器ヘルペスに発展してもおかしくありません。妊婦さんが性器ヘルペスを発症すると、分娩の時に赤ちゃんに感染する恐れがあります。

大人はヘルペスに感染しても唇や性器に特徴的な症状ができるだけで済みますが、赤ちゃんにうつると全身感染になり命は保証されません。

赤ちゃんは抵抗力がないので、ヘルペスのような身近な感染症でも命を奪われてしまう恐れがあります。

命が助かっても脳に障害がでる可能性や奇形児として産まれる可能性があるため、2型ウイルスの性器感染が分かり次第、帝王切開で産むしかなくなります。

産後も女性の免疫力はすぐに復活しませんし、妊娠中以上に不規則な生活が待っているので、ヘルペスの再発に気をつけなくてはなりません。抵抗力がつくまで何歳児になってもヘルペスはすぐ感染します。

妊娠初期から後期まで薬の影響が怖いのは

妊娠中に口唇ヘルペスを発症したら、できるだけ薬を使わずに乗り切るのが理想的です。特に飲み薬は副作用も強く、胎児への影響も怖いので絶対に避けるべきです。

症状が重いと赤ちゃんに負担がかかる恐れがあるため、医師によっては薬を処方することもありますが、普段から薬を使わないためにリジンで再発を抑える対策が欠かせません。

妊娠初期から後期の間で、飲み薬を最も避けなくてはいけない時期は妊娠初期です。妊娠4週目から4ヶ月目ぐらいまでは、胎児の大事な臓器が形成される大切な時期です。

妊娠初期の症状がまだでない2ヶ月目までがもっとも危険な時期です。この時期に強い治療薬を服用してしまうと胎児に障害がでる可能性があります。

口唇ヘルペスの治療では、抗ウイルス薬の他、抗生物質が追加で処方されることもあります。抗生物質もなるべく妊娠中は避けたい薬剤です。

妊娠中の口唇ヘルペスはリジンでケア

妊娠中の口唇ヘルペス対策には薬よりリジンが役立ちます。妊活中の方は妊娠しているかどうか意識して生活しているので問題ありませんが、予定外の妊娠で自分でも気がつかないケースも多いはずです。

リシンプラス

後から「しまった!」なんて後悔しても遅いので、妊娠する可能性が少しでもあるなら飲み薬を安易に頼ることはやめましょう。

私も妊娠中の影響が怖かったので、途中から薬を飲むのは止めてリジンに切り替えました。リジンは必須アミノ酸なので妊娠中飲んでもまったく問題ありません。

私はドクターズチョイスの葉酸サプリメントと一緒に、リシン+プラスを毎日飲んで無事に出産しました。

妊娠中は肌荒れもしやすくなりますが、リジンは美肌作用もあるので肌のトラブルとも無縁でいられました。中期以降は初期ほど神経質になることはありませんが、後期になってまた再発することもあるので、リジンでケアしておいた方が安心です。授乳中もずっと飲めます。

リジンで新生児単純ヘルペスウイルス感染症を回避

妊娠中に口唇ヘルペスに感染した時、性器ヘルペスを発症する恐れがあるケース、既に発症しているケースは、リスク覚悟で内服薬が処方されることもあります。

なぜなら、母体がヘルペスウイルスに感染していると、帝王切開で産道感染を予防しても、血液を介して胎児にヘルペスがうつる恐れがあるからです。

妊娠中胎内で感染するケースもゼロではありません。血液を介して新生児ヘルペスに感染すると、ウイルスが全身の臓器に広がります。

肝機能障害、呼吸障害の他、哺乳力がダウンする恐れもあるので産まれてからうまくおっぱいを吸えない可能性がでて来ます。中枢神経までウイルスが侵入すると、脳炎が引き起こされます。

妊娠中に感染すると、生まれから2週間以内に症状が悪化するので、適切な治療を施さないと9割の赤ちゃんは死亡してしまいます。

リジンをサプリで摂取し、アルギニンよりリジンの量が上回るよう必須アミノ酸のバランスをコントロールすれば、ヘルペスの再発を予防することができます。葉酸や乳酸菌と同じぐらい妊婦さんにとって大事な成分だと経験すると思います。

-口唇ヘルペス

Copyright© ヘルペスを薬で治してはいけない理由を知りたくありませんか , 2018 AllRights Reserved.