性器ヘルペスの薬よりリジン

更新日:


性器ヘルペスも口唇ヘルペスも、リジンで発症と再発の予防が可能です。病院の治療薬では再発を予防できない以上、リジンでヘルペスウイルスに備えるしかありません。

特に性器ヘルペスは市販の軟膏が使えないので、飲むタイプのサプリが救世主になります。毎日3粒のサプリを飲むことで、治癒期間を大幅に短縮できるだけではなく再発も抑えることができます。

ガッツポーズの女性

もしムズムズしてきたら量を増やして飲めば、水疱ができるまでに単純ヘルペスウイルスが体内や皮膚で増殖するのにブレーキをかけられます。

現在リジンがヘルペスや帯状疱疹に効く作用の仕組みが国内外で盛んに研究されています。既にメリーランド大学医療センターをはじめ、国内外の多くの研究所や大学機関でリジンの効果は実証済みです。

ニキビ治療ではビタミンCが保険処方されていますが、近い将来にはリジンもヘルペスの治療で保険適応されるかも知れません。そうなると値段が高いのに副作用の問題などが多い薬の需要がなくなります。

最近はインフルエンザのハードな症状も、体内の神経組織に潜んでいるヘルペスウイルスの仕業だと指摘されています。ヘルペス以外の病気を防ぐためにも、薬以外の方法でウイルスの活動を抑える対策が必要だと思います。

性器ヘルペスにリジンが効かない原因

ヘルペス患者さんの間ではリジンが効くことは常識になっていますが、中にはサプリを服用していても再発した方もいらっしゃるようです。

リジンサプリのレビューや知恵袋の回答にも、「効きませんでした」なんて口コミが投稿されていますよね。しかし、臨床結果がでている以上リジンの効果はお墨付きです。

リジンの量が不足している

リジンの効き目を実感できないなら、個人の摂取の仕方に問題が隠れていることがあります。例えば、リジンの量が不足していることも考えられます。

サプリを飲んでいる女性

絶対に再発させたくないなら、リジンが多そうな献立を選んでいるだけでは十分ではありません。確かにリジンは大豆製品など色々な食材に入っているので、普段の食事から摂取することは難しくありません。

しかし、ヘルペスの再発を予防するなど目的がはっきりしている場合、1日最低1,000mg以上を目標ラインにして下さい。唇や性器の違和感に気づいた時、症状がでなくても心身が疲れている時は、3,000mgのリジンを摂取します。

深酒した日や山登りや子供のイベントで体力を消耗した時、あるいは風邪で体調を崩している時など、感染、再発しそうな時は多めに摂ることがポイントです。1日3,000mgなら過剰摂取になりません。

妊娠中はもちろん、妊活中から性病、性感染症を寄せつけない体質に改善しておくことが大切です。リシン+プラスは1日たった3粒飲むだけで目標ラインをクリアできるので、薬のように服用回数が多くてうんざりすることもありません。

私が使っているのはドクターズチョイスのリシン+プラスです。ドクターズチョイスでは排卵検査薬や葉酸サプリも評判なので、赤ちゃん対策アイテムが同じサイトで一通り揃えられたので便利でした。

アルギニンの過剰摂取に要注意

リジンはサプリで摂るのが一番です。普段の食べ物だけで毎日必要量をクリアするのは簡単ではありません。それに同じアミノ酸なので、リジンを含む食材にはアルギニンも入っていることが少なくないからです。

お馴染みの納豆にも、リジンだけではなくアルギニンも含まれています。ヘルペス持ちにとってアルギニンは本当に微妙な栄養素で、過剰摂取も禁物ですが足りなくてもいけません。

アルギニンは疲労回復効果に優れているので、適度に摂る分には免疫対策に効果的です。ただ、体内のリジンの量よりアルギニンの量が上回ってしまうと、神経節で潜伏しているウィルスが暴れだしてしまうので要注意です。

体内のアミノ酸バランスを常にリジン優位に調整しなければなりませんから、目標量をしっかり補えるサプリが役立ちます。

リジンサプリを飲みつつ、胡麻や大豆、ナッツ類、エビなどアルギニン含有量が多い食材は「適度に」頂きましょう。リジンサプリを飲んでいても、アルギニンが大量に配合されている栄養ドリンク、エナジードリンクを愛飲していたら、リジンの効果も半減してしまいます。

リジン以外の栄養素が足りない

リジン以外の栄養成分が足りない恐れもあります。リジンだけでは万全ではなく一生懸命摂るようにするだけでは効果的ではありません。

リジンを単独で摂るよりも亜鉛、ビタミンC、バイオフラボノイドも一緒に摂取した方が相乗効果を狙えます。この栄養素の組み合わせは、ヘルペス研究の第一人者、ジョン・スパージ博士が発見しました。

リジンサプリメントも徹底的に調べましたが、リジンを十分量補え、亜鉛、ビタミンC、バイオフラボノイドも全部入っているサプリは、ドクターズチョイスのリシン+プラスだけです。サプリが薬より高くては意味がありませんが、1ヶ月分1,000円代で済むリーズナブルな価格も魅力です。

バルトレックス数日分の値段で、1瓶60日分が買えてしまいます。ビューティー&ヘルスリサーチ社は通常1万円以上で送料が無料になります。定期契約していると値引きされる上に送料もかかりません。

定期にしておけば品切れが続いても確実に到着するので安心です。

・継続摂取が大事なポイント

何しろヘルペスとは一生のお付き合いなので、コスト対策も無視できません。リジンサプリは再発しそうな時だけ飲んでもダメです。

サプリのような民間療法は、継続して初めて真の効果を発揮します。薬とは異なりサプリは長期スパンで愛用できます。リジンで再発を予防するなら、毎日一定量を摂取するのがポイントです。

たまにしか飲まずに「効かない」なんて思っていませんか?特に女性は妊娠、出産後には子育てが落ち着くまでは思うように働くのが難しいのでお金の面も無視できません。

免疫力アップに効くサプリはたくさんありますが、ヘルペスと直接的な関係が立証されていません。リシン+プラスなら安心です。

-性器ヘルペス

Copyright© ヘルペスを薬で治してはいけない理由を知りたくありませんか , 2018 AllRights Reserved.