ヘルペスの薬は妊婦さんも使える?

更新日:


ヘルペスの薬は妊婦さんにも処方されます。ヘルペスの薬のリスクを踏まえてもヘルペスの症状を抑えておかないと、胎児に深刻な影響が及ぶ可能性があるからです。

処方箋とお薬手帳

口唇ヘルペスであれは症状も比較的軽い上、分娩時に再発していても気をつけていれば赤ちゃんに感染しなくてすみます。

口唇ヘルペスを発症中症状が出ている患部に触れた手で赤ちゃんを触ってしまうと、ヘルペスを感染させてしまう恐れもあります。そのため「赤ちゃんへの影響が少ない塗り薬で症状を抑えましょう」と医師から提案されることもあります。

妊娠中でも塗り薬なら有効成分が体内には浸透しないので、胎児に影響が及ぶ可能性はほとんどないと考えられています。アラセナ軟膏などの治療薬もよく処方されます。

妊娠中のヘルペスの飲み薬は危険

妊娠中にヘルペスの薬が処方されるケースは少なくありません。病院では他に対処法がないからです。妊娠中は体調を崩すことも多く、ヘルペスウイルスが元気になりやすいので要注意です。

妊娠中に初めて感染するケースや再発するケースも驚くほど多く、妊婦さんにとってペルペスは身近な病気のひとつです。

ただ、改めてお伝えするまでもなく、ヘルペスの飲み薬を妊婦さんが飲むのは危険です。特に脳や神経など大事な内臓が形成される妊娠初期は、飲み薬の服用は避けるべきです。

単純疱疹の薬はトラブルも多いのですが、薬の危険性を認めてしまうとお医者さんも「商売上がったり」なので、「大丈夫ですか?」と聞いても「大丈夫です」と回答する医師が大半です。

特に塗り薬は簡単に処方されます。ヘルペスの薬は即効性に乏しいので、「早めに薬を使って出産予定日までに症状を抑えましょう」と言う考えも分かりますが、配偶者の意見も聞いて担当医とじっくり相談して下さい。

市販薬を安易に使うのも問題です。感染後初めて発症する場合は入院が必要なほど重症化することもあります。自己判断しないよう気をつけて下さい。

妊娠中に何度も再発することも

私がヘルペスの薬を飲まなくなったのは妊娠した時のことを考えたからです。20代からずっとヘルペスの薬を服用し続け、耐性もとっくについていました。

お腹を触る妊婦さん

ヘルペスの薬を飲んでいて「前より治りが遅い」と感じたら耐性がついている証拠です。ヘルペスの薬は飲み薬も塗り薬も有効成分は限られていますから、どんな薬であっても耐性の問題を抱えています。

薬では原因になるウイルスを死滅することができないのに、耐性を考えても副作用を考えてもヘルペスの薬を使うのは本当に不安になります。再発を予防できないのは致命的なデメリットですよね。

バルトレックスにもゾビラックスにも慣れたらおしまい、四面楚歌状態で効かない薬を頼り続けるしかありません。特に抗生物質やステロイドも処方されている人は、発症してから数年であっという間に免疫機能がガタガタになります。そうなると、しょっちゅう再発する上に治りにくい悪循環が待っています。

実際、妊娠中に何度も再発を繰り返すケースも珍しくないそうです。「分娩のタイミングでまた再発した」なんて結末を迎えるのが一番怖いですよね。

妊娠中の感染や再発が流産や早産に

ヘルペスでも特に恐ろしいのが性器ヘルペスです。口唇ヘルペスは患部に触れないよう気をつけていればまだ何とかなります。

しかし、性器ヘルペスは自然分娩の場合、赤ちゃんがダイレクトにヘルペスウイルスが存在する産道を通ることになります。感染する確率の方が高いのは間違いありません。

そのため性器ヘルペスを発症していることが分かり次第、いくら自然分娩を希望していても帝王切開に切り替えられます。性器ヘルペスは口唇ヘルペスとは異なり、水疱ができるだけではなく、足の付け根のリンパまで腫れや痛みが出ることもあります。

症状もきついので、出産と重なると妊婦さん本人も苦しい思いをします。しかも妊娠中の感染、再発は流産、早産の原因になります。私自身は女性として辛い現実を突きつけられ、「薬以外のウイルスコントロール方法を見つけなければ」と真剣に考えました。

帝王切開を予定していても、早産で予定より早く陣痛がきたら、結果的に自然分娩で産むことになる可能性もおおいにあります。本来これ以上おめでたいことはない妊娠と出産が、ヘルペスと言う爆弾のせいで悲劇に変わる恐れがあることはショックでした。

誰だって患う可能性のある身近な病気と軽く見ている方も多いはずですが、特に女性は軽視できません。ヘルペス持ちの配偶者や家族がいる方も油断大敵です。

クラミジアと同じように性器ヘルペスも自覚症状がないこともある性感染症です。知らずにと思うとぞっとしますよね。

リシンなら妊娠中も飲める

私は幸い妊活前にドクターズチョイスのリシン+プラスの存在を知りました。妊娠中や授乳中に飲んでも問題ないリシンでヘルペスウイルスのコントロール対策に成功しました。

ピースサインの女性

薬ではなくサプリであり内容は必須アミノ酸ですから、問題がないどころか逆に積極的に摂取した方が良い栄養素の1つです。

出産した病院の産婦人科医とも話しましたが、妊娠中はもちろん産後のヘルペス再発率は高いそうです。確かに寝不足でご飯もろくに食べられない不健康な生活が待っているため、体力も免疫力も低下する妊娠や出産は、ヘルペスウイルスが元気になる条件が揃っています。

同時に風邪やインフルエンザウイルスにも狙われやすい時期です。スキンケアどころかヘルスケアもままなりません。私も新生児育児中、寝不足問題はどうにもできませんでしたが、リシン+プラスと天然ビタミン剤で再発させずに済んでいます。

同じサイトで国内では貴重な天然葉酸を買えたのも助かりました。しかもリシンは美肌効果、美髪効果も高い上、リシン+プラスにはビタミンCなど美容成分もたっぷり入っています。お風呂上がり時間をかけて化粧品を塗らなくても、肌荒れもしませんでした。

-ヘルペスの薬

Copyright© ヘルペスを薬で治してはいけない理由を知りたくありませんか , 2018 AllRights Reserved.