性器ヘルペスの薬も続けると危険

更新日:


性器ヘルペスの薬が手放せないなら要注意です。薬を服用し始めは特効薬になりますが、しばらくすると有効成分に耐性がつくので効かなくなります。

色んな種類の錠剤

ヘルペスの薬を飲み続けると、どの治療薬を飲んでも効かなくなり行き詰まってしまいます。皮膚科や泌尿器科の医師は、普段の生活でも免疫力を上げる対策が大切だと説明しますよね。でもこのアドバイスは矛盾しています。

どうしても薬を使う必要がある場合もありますが、症状が落ち着いている時に免疫力対策に励んでいても、薬を使ってしまうと内臓と皮膚の免疫機能はダウンします。

アシクロビル配合の外用薬であるゾビラックスクリームも耐性がつきやすい特徴があります。再発と薬のダメージでどんどん病気の抵抗力が衰えていくので、初感染から数年しないうちに「最近しょっちゅう再発するな」と感じるようになります。それからヘルペスの薬は高額なこともあり、再発する度にかかる治療費も心配になる要素です。

ヘルペスの薬は欠陥だらけ

しばらくヘルペスの薬を使い続けていると、バルトレックスやゾビラックスの魔法も切れてしまい特効薬ではなくなっている可能性大です。

副作用も多く耐性がつくヘルペスの薬は欠陥だらけともいえます。薬は発症原因の単純ヘルペスウイルスの増殖を抑えるだけです。決して死滅させることはできません。

完治しないので自分が生きている限りは何度も再発します。「我が人生ヘルペスウイルスと共にあり」です。治療法として全然完璧ではありません。再発抑制療法も微妙です。

抗ヘルペスウイルス薬の副作用にうんざりしている方は少なくありません。けれど放置するよりは早く治ることは確かなので副作用を覚悟で薬を飲んでいる方が大半です。

一度薬で効果がでた経験があると、症状がでたらすぐに飲むパターンが身につきます。「耐性がつきますよ」、「免疫機能がボロボロになりますよ」と忠告しても、すぐにやめるのは難しいかも知れません。

通販や個人輸入サイトですぐに医薬品が買える環境も薬の乱用に直結しています。「個人輸入サイトならバルシビル(バルトレックスのジェネリック)が安い!」なんて喜んでいる場合ではありません。

薬を個人輸入するリスク

初感染でいきなり通販の薬を使うのはリスクが高過ぎます。体質や症状によって処方される薬の濃度もちがいます。

輸入し宅配された荷物

陰部のブツブツや潰瘍、リンパの腫れ、発熱、排尿痛などの症状がでる性感染症は、ヘルペスだけではなくカンジダなどたくさんあります。

違う性病なのに単純ヘルペスウイルスの増殖を抑える薬を使っても意味がありません。有効な治療法を知るためにも、まずは病院でウイルスに感染しているかどうか検査を受け、正確な病名を確かめるのが先決です。

皮膚科や内科の医師に相談して下さい。男性は泌尿器科、女性は産婦人科でもOKです。内田千秋先生の医師監修コラムも人気がありますが、自己判断で決めつけず、症状をドクターに診てもらうことが大切です。

口唇ヘルペス用の市販薬を患部に塗るのも、乱暴過ぎる対応です。唇と陰部では適切な濃度が異なります。保存料など添加物が多い市販の塗り薬も多いので気をつけて下さい。

ヘルペスの自然治癒もNG

ヘルペスは放っておいても時間が経てば治りますが、自然治癒はおすすめできません。症状が悪化すると人によっては入院が必要な状態になる可能性もあります。珍しい病気ではありませんが、決して軽く考えていいわけではありません。

発症後何日間もこじらせたせいで、赤みや黒ずみなど不気味な色素沈着や跡ができる恐れもあります。パートナーや家族に感染させてしまう確率が高くなるのも問題です。

ご自身もヘルペスが増殖している間は他の性感染症にかかりやすくなります。また、頻繁にぶり返している方も性病の病原体に狙われやすくなります。

タオルなど性行為以外にも感染経路はたくさんあるので、病気に手を打たないことで家庭をウィルスの巣窟にする可能性があります。「薬の服用、自然治癒もダメならどうすれば良いの?」と途方に暮れるかも知れませんが、幸い、研究によって必須アミノ酸のリジンで再発予防に有効だと分かっています。

ヘルペスと蜂針療法

ヘルペスのように完治しない病気は、民間療法が割とたくさんあります。私自身もリジンサプリにたどり着くまで色々な民間療法にもトライしてきました。

高麗人参や蜂針療法も有名ですよね。高麗人参も少し試しましたが、とにかく高いので経済的にギブアップしました。私の場合、薬を使いたくない理由の1つが妊娠中の赤ちゃんに対する影響を考えたからです。

高麗人参は妊娠中や授乳中に飲めない漢方薬です。妊活中の女性向きではありません。蜂針療法は治療内容を調べてちょっと抵抗を感じたので手をだしませんでした。

蜂の針を患部に刺して毒を入れ、健康な身体に元々備わっている自然治癒力を強化する治療法です。

タイなど海外では古くから行われている伝統的な療法ですが、施術者の技術によって効果には差があるようなので不安を感じました。

人によってはアナフィラキシーショックや強烈なアレルギー症状がでる可能性があるそうです。幸い私はリジンサプリで再発予防に成功しているので、未だにご縁がありません。ヘルペスは自力でコントロール可能です。

-性器ヘルペス

Copyright© ヘルペスを薬で治してはいけない理由を知りたくありませんか , 2018 AllRights Reserved.